· 

知能検査WISC/WAISで低いところを引き上げるには?

 

当施設では、知能検査を受けていただくことができます。

児童用のWISC-Ⅳ(50ヶ月~1611ヶ月までの方が対象)、成人用のWAIS-Ⅳ(16歳以上の方が対象です)をご用意しています。

検査の結果はレポートとともにご報告を差し上げていますが、その時必ずといってよいくらい「数値が低くなった部分を引き上げる方法を教えてほしい」というご質問を受けます。

 

このコラムでは、このご質問へのお答えを考えていきます。

 

WISC/WAISの数値を上げる方法はある

 

単純に考えるなら、数値を引き上げる方法はあります。

ネット上には、WISC/WAISで出題されるものと同じような問題を見つけることができ、そのような問題をたくさん解けば数値はあがるでしょう。

WISC/WAISの数値を上げることができると唱っているトレーニングもあります。

 

車の運転や料理が「慣れ」や「経験」によってスキルアップできるように、WISC/WAISの数値も訓練で上げることはできるのです。

そのためWISC/WAISを再受検する場合は、少なくとも2年の間隔を空けなくてはいけないことになっています。

 間隔が近いと1回目の検査の記憶が2回目の成績を上げてしまう可能性があるからです。

 

WISC/WAISの数値が上がれば苦手を克服したことになるのでしょうか?

 

WISC/WAISでは「全検査IQ」(一般で言う「知能指数」のことです)が得られます。

全検査IQは言語理解、知覚推理、ワーキングメモリー、処理速度の4つの指標値から構成されています。

これら4つの指標値のうち、処理速度の数値が低くなった場合を例にあげて、数値を引き上げる対応を考えてみましょう。

 

処理速度が低い方は、子どもであれば、学校で板書を写すのに時間がかかる、漢字を書くことが苦手、などの困り事を抱えている場合が多いでしょう。

 成人なら、細かい手先の作業が苦手、小さなことを見落としてしまう(不注意である)ことが多い、などで困っているかもしれません。

 

これらの困り事は、処理速度だけが関与しているわけではありません。

例えば「板書を写すのに時間がかかる」場合、板書で書かれた単語や文脈を理解するための言葉の力が必要です。

これには言語理解が関わっています。

また板書をノートに写すためには、板書の内容を一旦、記憶する必要があり、これにはワーキングメモリーが関与しています。

 

ですので、処理速度の数値が上がったからといって、そのことが直ちに板書を素早く写せることに繋がるとは限らないわけです。

他の困り事についても同様で、あるひとつの困り事には、複数の指標値が関係していると考えられます。

 

ただ単にWISC/WAISのひとつの指標値を上げることが、日常の困り事に解決に繋がるわけではないことを理解していただけたでしょうか。

得意なこと・好きなことに力を注ぎ、苦手なことを伸ばす対応を考えましょう

 

ところで、このコラムを読んでくださっているあなたには苦手なことはありますか?

私(竹田)の場合、家事で言えば、料理は好きですが、洗濯や靴磨きは苦手です。

料理は工夫する余地があって成果が実感できますが、洗濯や靴磨きは同じことの繰り返しのように見えてしまい、やりがいを感じにくいからです。

 

何かに取り組むとき、“やりがい”や“成果”は動機付けになります。

苦手なことに取り組むのは誰にとっても難しく、苦手なだけに成果は出にくいのでやりがいも感じにくく、なかなか楽しいと思えないのではないでしょうか。

 

「得意なこと・好きなことに取り組む」ほうが、「苦手なことに取り組む」よりもずっと取り組みやすいですし、成果があがりやすく、楽しくうまくいけばもっとやりたいと思うようになるでしょう。

そして「得意なこと・好きなことのためであれば、苦手なことにも取り組もう」という気持ちも起きてくるのではないでしょうか。

 

たとえば処理速度が低く、書くことが苦手な子どもでも、大好きな昆虫の飼育のためなら観察日記を書こうと思うことだってあるでしょう。

私だって、大好きな仕事へパリッとした身なりで出かけたいと思えば、苦手な洗濯や靴磨きだってやらざるをえない、というわけです。

 

WISC/WAISで数値が低くなってしまった領域を上げるには」というご質問には、「得意なこと・好きなことに取り組んで苦手なことを伸ばして」とお伝えしています。

さいごに

 

 WISC/WAISで数値が低い指標値があれば不安になりますし、何とかならないものかという切実なお気持ちになるのは重々、理解できます。

 

多くの方の検査をさせていただき感じるのは、恐らく4つの指標値に凸凹がないという方はいらっしゃらないのではないかということです。

誰しも多かれ少なかれ、得意・不得意があって、それこそがその方の個性を表わしているのではないでしょうか。

 

「得意なこと・好きなことに取り組み、苦手なことを伸ばす」ためには、広く長い目でご自身や子どもの生活を捉えるてみることが必要になります。

 ご一緒に考えながら答えを見つけるお手伝いができればと願っています。

(竹田)