子どもが学校を休み始めた時の対応

 

2学期が始まり、登校を渋るお子様への対応にお困りの親御さんもいらっしゃるかもしれません。

 

学校を休み始めたばかりの頃は、親も子も不安が強くなっていると思います。このような状態のときは、解決を焦るべきではないでしょう。休み始めの頃のお子さんは、学校に行けなくて落ち込んでいる状態にいます。何かに取り組むエネルギーは十分に持っていません。ただでさえ少ないエネルギーを振り絞って行動しても思うようには行かないものですし、失敗を重ねるとお子さんはもっと自信を無くしてしまうでしょう。

 

部分登校を提案したり、家庭学習を促したりするのは、お子さんに自分からの動きが出てきてからがよいと思います。

 

このような理由で学校を休み始めた頃は、しばらくは親御さんがお子さんを見守ることが必要だと考えます。ですが先が見えない時間は親御さんにとって、とても不安で孤独な時間だと思います。その不安をお子さんにぶつけると、お子さんの不安も強くなってしまうでしょう。近くの信頼できる人に不安を打ち明け、寄り添ってもらいましょう。