カウンセラ―

 竹田 希美子
(たけだきみこ)

臨床心理士(登録番号10110)・公認心理師(登録番号9957)・精神保健福祉士(登録番号48695)

 

上智大学心理学科卒・アサンプション大学大学院修士課程修了

 

商社勤務の後、海外4か国(インドネシア、タイ、シンガポール、アメリカ・シカゴ)で計13年生活。

 

自身のキャリア形成に悩み、海外で生き生きと働く現地の女性たちに出会ったことから、カウンセラ―の道へ。タイの大学院でカウンセリングを学び、病院(小児科、精神科、心療内科、学校(小・中・高 13校)、企業にてカウンセラ―として勤務、20年の臨床経験があります。現在は小・中学校のスクールカウンセラ―もしています。

 

特に力を入れているのは、発達障害の子どもと保護者のサポート。論文に「海外の教育現場における発達障害の子どもたち」(2011年)ほか。

 

解決志向ブリーフセラピーと認知行動療法を用いたカウンセリングの実践に努めています。

 

所属学会・学術団体:

日本心理臨床学会 日本ブリーフサイコセラピー学会 日本EMDR学会 

日本認知・行動療法学会 日本ペアレント・トレーニング研究会

 

プロフィールを詳しく見る>

 

 


 恒松 泰子

(つねまつやすこ)

臨床心理士(登録番号16457)・公認心理師(登録番号00882)・特別支援教育士(登録番号10-262)

 

日本女子大学卒・東京成徳大学大学院修士課程修了

 

大卒後、一般企業に勤務。結婚後は駐在員妻として海外2か国(イギリス、香港)で4年暮らしました。帰国後カウンセリングを学び、相談員、学校にてカウンセラーとして18年の経験を積みました。

子育てに関する保護者の相談や、不登校や発達障害の子どもの相談やサポートを主として活動しています。

 

所属学会:

日本心理臨床学会

日本カウンセリング学会

日本LD学会

 

■過去の勤務先

 千葉県スクールカウンセラー及びさいたま市スクールカウンセラーとして、小・中学校に勤務。

 

■論文(ポスター発表)

スクールカウンセラーの成長に関する研究その2 -自由記述による検討- 津田智彰 高野桂実 恒松泰子 阿部博子  河野愛香  飯田順子 2009年 日本学校心理学会 第11回大会大会論文集

 

 


 

  • 臨床心理士とは、公益法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する臨床心理の専門資格です。資格取得には大学院修士号が必要です。
  • 公認心理師とは、2017年に公認心理師法によって定められたカウンセラ―の国家資格です。
  • 精神保健福祉士とは、精神保健福祉法で定められた精神障害者に対する相談援助などの福祉業務に携わる人の国家資格です。
  • 特別支援教育士とは、一般社団法人特別支援教育士資格認定協会が認定するLD・ADHD等のアセスメントと指導の専門資格です。

 

これらの資格を規定する法により、カウンセラーは守秘義務を負っています。