話すこと・離すこと

 

 

人が何かを「話す」ということは、何かを「離す」ことでもあると言われます。自分の悩みや迷いを、聞いてもらえそうな人に話すことで、解決はしなくても「その思いを自分から話して冷静に見つめること」ができる場合もあるのです。

 

みなさんは誰かに話をしたことで、自分がつらかったり悲しかったことが何なのか、に改めて気がついたり、自分が思っていたほど心配するようなことではないと、ほっとしたことはありませんか?何より、自分の話を一生懸命聞いてもらえる、というのは、うれしいことですよね。そしてさらに、今後どうしていったらよいかについてのヒントが見つかるかもしれません。

 

誰もが仕事のこと、学校生活のこと、家族のこと、友人関係のこと、将来のことなどいろいろ悩んだり迷ったりする時があると思いますが、気軽に話し話せる場所のひとつとして、私たちもお手伝いできれば、うれしく思います。(恒松)